槍が降ってもアメコミが読みたい。

アメコミの感想ブログです。

タスクマスター:失われた過去

こんにちは!ドロです!

新刊のラインナップ的に次のレビューが予想できた方もいるのでは?笑

デッドプールがきたら次は勿論…

 

『タスクマスター:失われた過去』

 f:id:DORO-WILSON:20180221001422j:image

ということで、今回はタスクマスターの新刊をご紹介します!!

実はタスキーは今回が初翻訳だそうで。

初めて出会う方もいらっしゃると思いますからまずはタスキーの話から始めましょう。

 

日本。東京のダイナー。「ハッピービッグファット」で男はラーメンをすすっていた。

ただし、普通じゃないことが2つ。男はヤクザに囲まれているということだ。

男はヤクザにあらぬ疑いをかけられている。

ヴィランズ側を裏切っており、ヒーローであるキャプテンアメリカ側のスパイなのではないかと。

そんなセリフをヤクザが吐くやいなや

 

「酷いでっちあげだな。不愉快極まりない。」

 

「確か、ヤクザは詫びを入れる時指を詰めるらしいな。」

 

「これでチャラにしといてやる」

 

"エレクトラ"の剣さばきで振り降ろすと、片手の指がごっそり無くなったヤクザが悲鳴をあげる。"キャプテンアメリカ"と見紛う体術でヤクザの壁を崩すと颯爽とその場から消えた。

もう、1つの普通じゃないこと。

それは男が「タスクマスター」だということだ。

 

ハジメマシテータスクマスター』

 

CAPCOMから発売されているゲームソフト「MARVEL vs CAPCOM 3」で初の出会いを果たした方も多いのでは?

そう、アメコミ界数多いヴィランの1人。

数多の犯罪組織に出入りして一流のヴィラン達を養成するエキスパートです。

それも彼の持つ特殊能力「写真的反射能力」こと"フォトグラフィック・リフレクシズ"のなせる技である。

一度見た技は一瞬。でなくとも、短期間で完璧に自分のものに出来てしまうのです。体術に限らず、言語や知識も範囲内です。

その能力を利用して金になるヴィランを相手に商売をして生計を立てているのです。(自ら悪事を働いて戦うより金になるから)

とはいえ、完全なる悪人ではなく、立ち位置としてはデッドプールのような傭兵に近く、金次第では敵にも味方にもなりえます。故にデッドプールとは腐れ縁というか悪友というか。

そんなタスキーが今回の主人公です。

 

『その男10億ドルの賞金首につき』

 

アスガルドの包囲戦で多くのヴィランがお縄についたにも関わらずタスクマスター は無事だった。そんなことから何者かに裏切り者として10億ドルの賞金首にされてしまったわけです。勿論、ヒドラやエイムをはじめとする悪の組織達は総力をあげて彼を殺そうとします。もう彼のすぐそばに近づいており暗殺の機会を待ってるだけの連中すらいるほどです。

そんな中タスキーはとあるダイナーでビーチボーイズ「英雄と悪漢」(ヒーロー&ヴィランズ)を聴きながらウェイトレスのメルセデスと会話を楽しんで?いるのでした。

 

この後、もちろんドッタンバッタン大騒ぎになるのですが、その際エイムの連中が薬品で身体強化をしてムキムキになるんですよ。

そのときの

「エイムの!技術は!世界一ィィ!」

これは言わずもがな…笑

翻訳者の方悪ふざけが過ぎるかと笑笑

 

そんなこんなで襲撃を受けた際にウェイトレスメルセデスも巻き込まれて賞金をかけられてしまいました。命を繋ぐためにデマの真相を突き止めるために。タスキーとメルセデスの2人の逃亡劇が始まるのです。

 

 

『ドン・オブ・ザ・デッド』

 

どうやらタスキーは記憶を失っているようで殆どの人間との繋がりやら、経緯やらを忘れているようです。(デッドプールの事は覚えてたけどね)最初に逃げ込んだ先がメキシコ!!

ビラメヒコー!!

の悪党!ドン・オブ・ザ・デッド!(なんかショッピングモールに逃げて、武装したバスでゾンビを蹴散らしながら無人島に逃げたくなる名前ですね〜)

に匿ってもらうことに。

ここで判明する新事実。タスクマスター は髑髏のマスクを着用していますがこのマスクは死の女神サンタ・ムエルテを模していたようです。

結局ドンもイかれた野郎でメルセデスを殺そうとするもんですから持ち前の特技。フォトグラフィックリフレクシズを生かして窮地を脱します。(ここは必見。

メルセデスも敵の銃を華麗に奪い取り反撃に…って、あれ?君は一般人のウェイトレスだよね…?スペイン語も話せちゃうし…。

とにかく、ドンはDead Endですし。何も手かがりは得られぬまま、次の目的地に向かうのでした。果たしてタスキー一行の命運や如何に。

 

『真実の記憶』

 

タスキーは記憶の断片を辿りながら真相に近づいていきます。ヴィランとしての過去に悩み、葛藤しながらも手段を選んでいる暇はありません。

そんなタスキーを甲斐甲斐しく支えて同行するメルセデス。しかしそんな彼女どうも行動がおかしい。どうやらタスキーを監視してる様子で誰かに状況を報告しています。その相手は…。

ニック・フューリー!

そう。実は彼女シールズのエージェントだったのです。

一体何の為に彼女はタスキーを監視しているのか…謎は深まるばかり。

そして最終目的地、アンデス山脈はゴルシュトの城に到達した時、タスクマスターの真実の記憶が全て解き放たれることになるのでした。

と同時にこの逃亡劇の真意が、タスクマスター の闇が記憶の解放という光を浴びて徐々に姿を露わにするのです。

 

『失われたオリジン』

 

*物語の重要なネタバレを含みます!!

 

実はタスキー自身がシールズのトップエージェントであったことが明らかになります。かつてタスキーはアンデス山脈で特殊な任務に就いていました。ヘイトモンガー及びゴルシュトの排除です。ここではヒトラーの細胞から抽出した記憶のエキスの培養を行なっており、それを注入した戦士を製造しようとしていたようです。そう。そのエキスこそが、「フォトグラフィック・リフレクシズ」を生み出したエキス。

更なる強さを求めたシールズのタスキーは爆発に呑まれる研究所で最期のエキスを自らに注入したのでした。これにより重大な副作用。記憶が上書きされることで過去の顕在記憶を失ってしまうのです。

 

しかし、まぁ、この重苦しい新事実ときたら。

タスキー学生時代から能力使えていましたし。

何よりバッチリ記憶ありました。

今回から急に後天的に能力を得て、追加で記憶を失う設定が追加されました。

タスキーもそろそろ映画化の波に乗るんでしょうか笑(オリジンの追加は人気者の証!)

楽しみです。

 

そしてもう一つの事実。

タスキーは結婚していた。相手はお察しの通り。メルセデスです。

逃亡劇も終局を迎え、悪党どもが一気に押し寄せて来ます。いや流石にそこはタスクマスター と元シールズの奥様。華麗に敵をなぎ倒します。そんな中でタスキーは妻との記憶を徐々に思い出していくのです。

 

「結婚式のことも?踊った曲も思い出した?」

 「ビーチ・ボーイズだろ。"英雄と悪漢"忘れるわけないさ」

 

と幸せな空気に浸るのも刹那。

敵の親玉レッド・シャート(名噛ませ犬)の登場です。奴は特殊な戦法を用いてタスキーを追い込みます。タスキーの能力を持ってしてもコピーが難しい様子…ではなく。妻との記憶を失うのを恐れていたのでした。

 

「もう君のことを忘れたくない」

 

「二度と」「絶対に」

 

今までの全技術を駆使し、最後にはレッドシャートの技をコピーしてレッドシャートを討ち果たしたタスキー。

 

しかし戦闘が終わったあとに、メルセデスを見るタスキーの目は、妻に向けるものではありませんでした。タスキーは彼女を一瞥するとフードをかぶり直し、その場から走り去るのでした。孤独に残された妻。メルセデスを1人残して。

 

『まとめ』

 

とりあえず言わせてください。

 

本作めっちゃ

おもしろいから!!!!

読んで!!!!!

 

正直、書ききれてない魅力がまだまだたくさんあるんですよー。96Pと短めなので、書こうとすると全て書ききってしまいかねないなぁ〜と上手く抜粋するのが難しくて、かなり苦戦してしまいました。

割とコメディ感の強い(個人的には)タスクマスターにかなりヘビィなオリジンが追加されまして…赤タイツと白髑髏の傭兵コンビは大きな十字架を背負うことになりましたね笑

今後この記憶を失う設定を引きずっていくのかは微妙な感じもしますが、タスキーのハードボイルドな物語展開に期待しています。

個人的にはドゥーム並みに好きな味のある、ヴィランなので映画化もできたらして欲しいな!と淡い期待を抱いております。

その為には。そうです。本誌を1冊。と言わず2冊、3冊とお買い求めください笑

 

では今日はこのあたりで。

閲覧ありがとうございます!

 

https://mobile.twitter.com/DORO_WILSON6

 

最近、ご感想をいただける機会が増えてきておりまして、本当に皆様ありがとうございます。ほんとうに一言一言が励みになります。

何気ない雑談でも構いませんので、どしどしお声掛けください。ツイッターでお待ちしております!

 

 

デッドプール:トゥ・スーン?

こんにちは!ドロです。

 

またまたやってきましたね!

冗舌な傭兵の新刊が!!

ついつい私も冗舌になるのはデッドプール誌の記事を書く時の仕様です。

(今回ネタバレ多めなので注意です。)

 

ということで、今回ご紹介するのは…

 

デッドプール:トゥ・スーン?』

f:id:DORO-WILSON:20180212231009j:image

 

スクイレルガール。スパイダーハム。パニッシャーアントマンハワード・ザ・ダック。フォーブッシュマン。そしてロケットにグルート。彼等を待つは謎の洋館。何故ここに呼ばれたのか。誰が何の為に…。

答えは簡単!俺ちゃんがお前らでクリスマスカードを作るためさ!!(言うこと聞くとは思ってないからしっかり脅迫ネタは掴んでるぜ)

じゃあシクラーに部屋の明かりを消してもらって…パニッシャーの暗視スコープを拝借したら…「3つ数えて…」『チミチャンガ!』

写真を撮り終えて、明かりを付けたらデッドプール:トゥスーンは「早すぎるけどおしまいだな。その時、場を引き裂くスクイレルガールの悲鳴。彼女が指差す先には…無残にも胴体に首がサヨナラしちまったフォーブッシュマンが倒れて血の海を作っていた。これは…まだまだ終われそうにない。犯人を突き止めねぇと。

「こりゃまたとんでもねぇ難事件だ!」

 

今回デッドプールの新作ですが、前後の繋がりはほぼないです。短編集にあたるので本誌だけで余計なことは気にせずに楽しめますよ!言うならば、デッドプール珍道中。

登場するキャラクターも殆どお馴染みの面々。

ところで、フォーブッシュマンのキャラ造形めっちゃキュートですよね。

 

『名探偵デッドプール

 

誰が殺した!?この中の誰がが犯人だ!とヒーロー達は疑心暗鬼に陥り、皆が皆を疑いはじめます。一先ず、場は落ち着いたもののなにも解決はしていません。デッドプールはフォーブッシュマンの葬式を終え(スーツのまま喪服きているデッドプールがスマートでカッコいいからファンは必見ですよ。本誌を買おう!)

 

「俺が絶対に犯人を見つけ出して、埋めてやるからよ」

「もちろん殺してからな」

 

と皆が悲しみに暮れるなか、事件の解決に息を巻くのでした。

ところで、なんで洋画とかの葬儀のワンシーンて雨降りがちなんですかね。

 

『相棒は木の実が大好き!』

 

スクイレルガールはデッドプールと協力して犯人を見つけ出そうと意気込んでいますが

 

デッドプール

 

「チップマンクスなんて、捜査の足手まといなんだよ!」

 

と彼女を必死に撒こうとしますが…(3Pも使って)リス女からは逃げられず。共同戦線を張ることに。

ほんとにスクイレルガールと組むのが嫌なんでしょうねデッドプール。なんとなくわかる気がします。一人でもろくな事にならなそうなのが、スクイレルガールが加わる事で拍車をかける気がしますもんね。読者的には。あとなんかちょっと空気読まずにどこでも声デカそうで生理的にとかね。

そんなこんなで、先ずは宇宙に帰る前にロケット&グルート容疑者から。目的地のサンフランシスコは遠いので、古いアベンジャーズ基地のテレポート装置を使って瞬間移動の旅へ〜。

それが更なる災難を生むとも知らずに…。

 

『あたい、スクイレルプーーールゥ…』

 

マジでヤバイ。

人間とリスとデッドプールが混ざって腐ったみたいなヤツが突然現れた。その新キャラクターの名前はスクイレルプール!!

どうにも瞬間移動の際に2人のDNAが混ざって生まれた模様。(ザ・スクイレル:リス女の恐怖ってとこね)ちゃんとスクイレルガールとデッドプールの遺伝子を受け継いでいるようで、しっかりブスです笑

なんとかこの場はしのいでスクイレルプールは捕獲。大人しくしてれば意外と可愛げがあります。スクイレルプール。

容疑者であるロケットとグルートは容疑を否認。グルートに至っては「現場には13人いた。」と。12人しかいたはずのない殺害現場に一つの奇妙な影が落とされます。

デッドプール達はスクイレルプールを連れてロケット達に別れを告げるのでした。

まさかそれが最期の別れの挨拶になるとは。

 

『容疑者は被害者に』

 

デッドプールが去ったあと、謎の影に襲われたロケットはクビが胴からロケット発射。グルートは粉砕機で粉々にされてしまいました。

後に出会うアントマンも断頭。(子供の頃って蟻に酷いことしますよね。)

現場や被害者には闇の力の痕跡があり、なら話は早い。シクラーの元へ向かいます。

なんと、シクラーの元には切断された仲間の首や粉々のグルートが丁寧に送りつけられていました。

闇の世界の住人の仕業なのは確定です。

もちろんシクラーだって容疑者の1人。

疑いを晴らすには異世界にも明るいマーベル界随一のDrに頼るのが名案ですよね!

 

『犯人はお前だ!!!!!』

 

魔法のチミチャンガでストレンジを助けたり、スクイレルプールを仲間にしたり、スパイダーマン達やウルヴァリン達にちょっかいかけたり、イタリア大使館でピザ頼んだりして、ようやく真相にたどり着いたデッドプール。(こういうのがデッドプール誌のみどころの一つ!)

なんと犯人は、シクラーの所為だと。

シクラーに気があるパエン=ウンブラと呼ばれる魔物が口説くつもりでシクラーに生首を送っていると。デッドプールのダチ公達はデッドプールへの嫉妬ゆえ標的にされてしまったのです。

ブチギレたデッドプールは仲間達と共にパエンを圧倒します。ストレンジが結界でパエンを包みますが、勢い冷めやらぬパエン。

 

「遊びすぎたな…ジョイスティックでも取り上げるか。」

 

スライスしちゃったのです。

その……パエンのその…ナニを。 ヒェエ。

 

喉元に刃をを突きつけ、パエンに死んだ仲間達を生き返らせました。

最後はシクラーの手料理「ロッキー・マウンテン・オイスターこと牛の睾丸揚げを囲んでこれにて大団円です。他人のナニを切った直後にこのメニュー。さすがシクラー!ユーモアに溢れた奥さんですね!

 

『パロディのお祭り』

 

デッドプール誌ではいつものことですが、パロディがすごい!笑

これが古くさいアメリカのよくわからないパロディじゃなくなりつつありまして、有名映画や、近年の映画やらディズニーネタ、スターウォーズライアン・レイノルズとあげればキリがないんですが、この遊び心がデッドプールジョークと相まってファンの心を掴んではなさいんでしょうね。多方面に知識を広げれば、それだけ面白くなる。こんなコミックなかなか無いですよね笑

今回はアントマンとのあの名画の名シーンの再現が私的にはハイライト。ベタですけど。

本編の後にある『デッドプーロウィン』でも然り。ハロウィンとデッドプールのお話ですが、去年のハロウィンやコミコンの様子を思い出すような弄り方には思わず吹き出してしまいました。ところでこの『デッドプーロウィン』かなーーーーり面白い短編です。デッドプール✖️ハロウィン。これほどデッドプールに似合う祭日も無いなと、『イヤーオブマーベル』に収録して欲しかったですね!笑

 

『まとめ』 

 

最近マーベルサイドとしても推しに推してるデッドプールです。勢いありますからね。奥様のシクラーも最近はデッドプールの影響もあってかコミカルな天然系の奥様になってきてます笑

人気の証拠にみんなコスプレし始めましたし、ツイッターでも良く見かけます。私がデッドプールに取り憑かれた始めた頃は国内では全然でしたよ笑

それにコミックの特典だって毎回ついてるような気がしますし!こんな感じで今回も入手必須ですよ!!(下記URLをご参照ください。)

 http://books.shopro.co.jp/?news=201801deadpool_tokuten

私は毎回欲しいので、デッドプール新刊発売時は買いに行くこと多いですね〜。

また映画も、2作目がトレイラーもどんどん出されて盛り上がってきてます!

 デッドプールを予習するなら今がチャンスです。上のURLにも既刊のものが紹介されてますよ。

デッドプールの更なる活躍に期待が高まりますね!

 

それでは!今回はこのあたりで。

閲覧ありがとうございました!!

 

 twitter

https://mobile.twitter.com/DORO_WILSON6

 

フォローおまちしております!

 

 

 

 

 

 

 

フラッシュ:邪悪なる閃光

こんにちは!ドロです!

 

関東は二回も積雪がありましたねー。関東の雪って踏み固められて…氷になって…滑りやすくなって危ないんですよね。寒いし。手から火を出す能力とか空を飛べるとか、はたまた運動エネルギーを自在に引き出して、雪なんて物ともせずに移動するとか…できたら楽チンなのになー笑

 

というわけで今回は

『フラッシュ:邪悪なる閃光』

 f:id:DORO-WILSON:20180205142631j:image

主人公をフラッシュに、NEW52シリーズからの一冊です。

 

バットマンやアクアマンの時と同じく、本誌はストーリー的には中盤に当たるようでちょくちょく知らない事情やら設定やらがあるんですが(アメコミ紹介の上では最早通常運行な気もしますが)、例によって本誌だけでも充分に面白いので安心してください。

 

『スピードフォースってなんだ?』

 

 いくら面白いとはいえ、分からないことをそのままにしては魅力も充分に伝わりませんよね。

前々からDCに明るくないって話はしていますが、フラッシュも例に漏れずです。申し訳ない。フラッシュの能力についても

 

⚫︎事故で雷、薬品を浴びる→超高速能力をゲット!

 

くらいの認識だったのですが(つまり本人の能力で高速化をしていると)それは間違いだったようで、どうやらスピードフォースという現世界と隣接する、運動エネルギーで満ちた意思を持つ世界にアクセスし、力を借りて能力を発現させているようです。つまり、スピードフォースにアクセスさえ出来れば私達でもフラッシュのような超高速能力が使えるって事です!ヤッタネ笑

フラッシュ作品の登場人物にもそういったスピードフォースを得て能力を発現させた人物もいるようで今回の物語のキーマンとなってきます。

 

『リバース・フラッシュ』

 

本誌におけるヴィランです。※以下リバース・

フラッシュと同じようなコスチュームに身を包み肌は赤々と鈍く光り、黒い装甲を身体に纏っています。正体は不明。スピードフォースに関わった者を次々と殺して回っています。何の為に殺すのか、目的も不明です。かつてスピードフォースに囚われていた人物の一人、マリッサ・レニーの殺害をきっかけに、フラッシュとしては当然放置するわけも無くリバースの行動を阻止する為に捜査を開始するのです。

フラッシュが超高速で「未来へ」進んでいくのに対してリバースは、一時的に「過去へ」時間を戻す事が出来るのです。(高速移動もできます。)

そんな強敵にフラッシュはどう立ち向かっていくのでしょうか。

 

『スピードフォースに関わった者達』

 

本誌の登場人物で、フラッシュ以外にスピードフォースに関わった人間が複数人でてきます。

 

⚫︎マリッサ・レニー

   一番はじめにリバースに殺害された。女性。

ゴメスの恋人。

 

⚫︎フロイド・ゴメス

 スピードフォースで力を得た一人。別名スプリント。男性。マリッサの恋人。リバースに殺害される。

 

⚫︎アイリス・ウェスト

 フラッシュの友人で新聞記者、かつてスピードフォースに囚われていた。

 

⚫︎ダニエル・ウェスト

アイリスの弟。刑務所から出所して間もない。

このことから姉のアイリスとは不和が続いている。

 

⚫︎ダーウィン・イライアス

フラッシュのかつての友人。科学者であり、スピードフォースを研究している。しかし今はフラッシュに仇なす存在。

 

⚫︎アルバート・リム

 別名ターボチャージャー

自殺だと思われていたがリバースによって殺害されていた。

 

スピードフォースに関わった者たち同士は、なにか繋がりのようなものを感じるようでリバースはそれを頼りに惨劇を起こし続けているようです。

しかし、それならフラッシュはリバースの正体がすぐ分かるハズ…。しかしリバースの存在は感知することができないのです。スピードフォースと繋がりが深いフラッシュをなかなか襲わないのも腑に落ちません。フラッシュは原因の究明を。同時に物語も終局へと向かうのでした。

 

『スピードフォースの暗殺者の正体』

 

どうにもフラッシュのスーツがスピードフォースの繋がりを消していることが判明しました。

リバースからスピードフォースに関わった生き残りである、アイリスを守るためにスーツを手渡すと、アイリスと共に証拠を見つける為ターボチャージャーの殺害現場へ向かうのでした。

 

証拠からリバースの痕跡を見つけ(黒焦げのモノレールの破片。そこに皮膚組織が付着していた。)、DNAの鑑定をすると…待ち受けていたのは衝撃の事実でした。

 

DNA鑑定の間、フラッシュはリバースの痕跡の持ち主がイライアス博士だったことを知り、急いで現場へ向かうのでした。

 

そこで見たものは。

イライアス博士とリバース。イライアスはリバースではなかったのです。

リバースはイライアスの集めたスピードフォースを奪う為に襲撃したところ、フラッシュと鉢合わせたのです。これは運命か。それともページ数の都合か。

 

激しい攻防を繰り広げる2人。実力は互角でしょう。一進一退の展開が続きます。フラッシュの一瞬の隙をついてリバースはイライアスから銃を奪い取ります。(被弾した相手のスピードフォースを奪う特殊な銃)放たれた弾丸はフラッシュを貫き…ませんでした。

 

「ダニエル、やめて!!!」

 

一瞬で間に入ったのはまさかのアイリス。

そうです。DNA鑑定の結果はダニエル・ウェスト。パソコンの画面はアイリスの弟を映し出していたのでした。

 

『過去と未来』

 

ダニエルは事故により(前回、前々回などの巻の騒動の合間に)スピードフォースの塊にのまれ力を得ていたのでした。ダニエル、アイリスは過去に父親から暴行を受けていました。その暗い過去のせいで自らは荒れ、アイリスとの仲も台無しになっているのだと。

過去に戻り、諸悪の根源である父親を殺し、全てを取り戻すのだと。剥がれ落ちた皮膚をモノレールの装甲で覆い尽くして。

 

スピードフォースで力を得たもの達を殺すことでリバースの力は完全なものとなり、過去に戻る。その目的は銃で姉を貫いてもなお、揺らぐことはありませんでした。フラッシュの力をも取り込み過去に戻り父親を殺し、フラッシュをも手にかけようとした刹那。

 

「怪物ッ!」

 

まだ幼い頃の姿の姉は過去の自分を守るように抱えながら涙ながらにそう叫ぶのでした。

 

「出来事には必ず余波があるんだ!」

「過去に戻って歴史を変えても問題は増えるだけ」

「子供の頃、君とアイリスは父親に酷い目に遭わされて苦労したんだろう。でも、僕たちは過去の困難と正面から向き合わなくちゃいけない…」

 

「そうやって、人は強くなる。

人生で大切なのは前に進むことだ。」

 

過去に母親を殺されているフラッシュ、いやバリーだからこそ、綺麗事ではなく。何よりも重い一撃の如く。この言葉はダニエルに響くのでした。

 

膝を落とし敵意を無くした、リバースのスピードフォースを使い、時間、人、現象の全てを定位置に戻して全ては無事終わりを迎えるのでした。

 

『まとめ』

 

ほんとNEW52シリーズは読みやすいですし、面白い。今回は「過去に囚われず前に進んでいこう」ってテーマがどっしりと、強く伝わってきましたね。最後、リバースの力を使って時間を戻しましたが、殺害された人達までは戻ってないんでしょうかね。少し気になってます。

スピードフォースがそもそも存在しなければこの惨事は起こり得なかった。しかし、バリーはそれでも「スピードフォースは人類の為になる」と、責任を負っていくと言い放ちました。

フラッシュはヒーロとして、それは閃光の如くとはいかなくとも着実に、前に前に進んで行くんでしょうね。

フラッシュの更なる活躍を期待しながら今回はここらで、おしまいです。

 

閲覧ありがとうございました。

 

twitter https://mobile.twitter.com/DORO_WILSON6

 

フォローよろしくお願いします!

f:id:DORO-WILSON:20180205142610j:image

ハーレイ・クイン:リトル・ブラックブック

こんにちは!ドロです。

いやぁまだまだ寒い日が続きますよね〜〜猛威を奮うインフルエンザ…嫌ですね。

そんな中私は見事インフルエンザA型を発症し、数日前はうなされていました笑(今も外には出れません。)

 

そんな風にならないようにするには、手洗い、うがい、睡眠…とハーレイ・クインが必須でしょう!!

彼女に笑いと混沌とエネルギーを分けて貰えば万事休すっスヨ。

 

さて、今回ご紹介するのは

ハーレイ・クイン

:リトル・ブラックブラック』

 f:id:DORO-WILSON:20180122163426j:image

ハーレイ×DCヒーロー(?)のチームアップ短編集ってところですね。

間違いなく!ハーレイがもっと好きになる一冊!!

 

『ハーリーン・フランシス・クインゼル』

 

 映画「スーサイドスクワッド」ですっかり大人気のハーレイ。特にヤングなレディ達に!マーゴッド・ロビーのセクシーさで、世の男性はもちろんのこと若い女の子まで魅了しちゃったわけですね。勿論原作のハーレイも存分に魅力的です。オリジンなんかも知ってる人も多いと思うけども、ザックリと話しますね。

 

ご存知バットマンシリーズのヴィランで初出は1992年のアニメ。その後コミックデビュー。元々はアーカムアサイラム精神科医だったがジョーカーに惚れてしまい、狂気に陥る。

New52のオリジンではスーサイドスクワッドよろしく、ジョーカーに廃液の中に突き落とされ肌は真っ白に。

元新体操選手という設定もあるためか、身体能力は高く、叩き上げの喧嘩殺法と、奇想天外な発想が彼女の1番の武器。(あとお色気)

前年ではポイズンアイビーとの恋仲が公式で発表されたようだ(ま、定着するか、しないかは置いといて。)

 

人気キャラびいき。ってことは差し引いたとしても、(笑)ハーレイってやけに強いですよね。新体操やってたから…ってレベルじゃないぜ。ってことで色々調べてはみたんですが、どうもリランチ前(用語は最後に解説します)にアイビーの薬品で身体強化された(超人並に)という経緯が確認とれました。どうりで。

(この件は同じ公認ブロガーとして活動していらっしゃいます、SATDAN氏のご協力あってのものです!ありがとう!!)

 

『魅惑のクロスオーバー』

 

なんといっても本誌の魅力はハーレイと数々のキャラクターとのクロスオーバーでしょう。

狂気のハーレイと交わることで奇跡のケミストリーを起こします。

×ワンダーウーマン

×グリーンランタン

×ザターナ(ザタンナ)

×ハーレイ(DCボムシェルズ)

×スーパーマン

×ロボ

すごい面々ですよねー!

 

普段、あまりDC誌を読まないのでザタンナとロボはコミックで読むの初めてでした。

すっかりロボの大ファンです…。

例えばこのように、更にハーレイの魅力に気づくだけでなく、違うキャラクターに出会うチャンスも転がっていますよ。

 

 

『抱腹絶倒!?』

 

ちょっと大げさかもしれませんが、ほんっと面白いんです。アメコミのギャグって我々日本人にはピンとこない時も多いように思うんです。

しかし本誌は声を出して笑ってしまうシーンがいくつもありました!

原作の素晴らしさはもちろんのこと、ハーレイの底抜けの明るさと狂気がなせる業だと思いました。

あと、何より偉大なのが翻訳の方。

本誌の翻訳は「吉川 悠」氏がご担当されてます。

国境を超えた場合、笑いとかって単に言葉の問題じゃないと思うんです。センスとかフィーリングとか環境とか、それぞれを原作とは離れ過ぎないように組み立て直す…これって相当すごいことだと。

ただロボの台詞の1つ。ハーレイとのラブシーンの後…ロボが酒の匂いに気付くシーンなのですが…「クンクン」「この臭いは」「マンシュ・キツイス!!」

これは…翻訳前が気になってシカタ・ナイス

 

『おススメ・クロスオーバー』

 

おススメしたいクロスオーバーはと言われると本当、全話面白いので中々難しいのですが…
あげるならDCボムシェルズとロボでしょうか。
前者は、時を超えてボムシェルズと強力してナチスを打破する…てな具合なのですが、何が面白いってハーレイとアドルフ・ヒトラー本人とのやり取りです。あのヒトラーですらハーレイの前ではタジタジのボコボコでした。まぁハーレイ本人は至って真剣でマトモな事言ってると思います。(どうやらハーレイの肉親にはユダヤ人の方がいた様子)

しかし、このワンシーン、ハーレイだからこそ実行できましたし、コミカルに映りますが、ヒトラーなんて常にそのような危険性(復讐とか)は生活上に孕んでいたんじゃないかと、少し考えさせられもしましたね。

 

後者は考えなしの大暴れ。どったんばったん大騒ぎ。宇宙一の賞金稼ぎロボと一緒に見知らぬ惑星に不時着してしまったハーレイだったが…。

なんか「マーダーライドショー2:デビルズリジェクト」とか俺たちに明日はないとかクライム系のロードムービーを観ている様でした。笑 2人の会話もテンポよく、笑わせてくれます。

大丈夫です。最後に蜂の巣にされたりはしませんので。(危うく惑星ごと吹っ飛びかけはしましたが)もっともこの2人に銃火器なんてまともに通用するのかって話ですが。

ロボの活躍だけでも充分に楽しめますが、そこにハーレイというエッセンスが加わる事でポップさとか、安心感が生まれてきますよね。必要以上に話がハードにならないというか、なり得ないというか 笑。

短編としてかなりオススメできます。

 

『まとめ』

 

前述した通り、あまりDCの原作詳しくないんですね。それこそ、映画はほとんど観てますし、バットマンのゲームシリーズなんかは大体触ってはいますが…

だからDCのレビューをやる時って準備とか手間がかかって実際少し腰が重いんですよ 笑。

しかしこの「リトル・ブラックブック」そんなのどうでも良いくらい面白かったんです!!

とにかく1人にでも良いから勧めたいと!

 

ハーレイ好きなら買ったほうがいいですし、買うの悩んでるなら買ったほうがいい。そして少しでも興味があるなら買ったほうがいい 笑笑

事前知識なんてほとんど要らないですし、絵も可愛いので(特にザタンナすごいgood)、良かったら是非とも!!

 

ではでは今回はこのへんで。

閲覧ありがとうございました!

皆さま、まだまだ寒いので、風邪などにはどうぞ気をつけてお過ごしください!

 

ツイッターではご意見、ご感想、特にフォローお待ちしております!

https://mobile.twitter.com/DORO_WILSON6

 

 

 

ファン・ホーム ある家族の悲喜劇

こんにちは。ドロです。

今回ご紹介するのは

『ファン・ホーム ある家族の悲喜劇』

です。

 f:id:DORO-WILSON:20180114011525j:image

⚫︎アイズナー賞優秀賞ノンフィクション賞受賞

⚫︎全米批評家協会賞 最終候補作品

⚫︎文化庁メディア芸術祭漫画部門最優秀賞受賞

 

数々のメディアがその年のベストブックと賞賛!…と大絶賛の帯付きの本作。

 

今回のレビューにはヒーローもヴィランも登場しません。括りもアメコミというよりはアメノベ?笑

確実にコミックではあるんですが、「読了した」と言う感触が強く、ノベルに近い存在ですね。

故に、普段から私のレビューをご覧になってくださる方には少々退屈に感じてしまうかもしれません。

それでも私には非常に興味深い作品でしたし、新たな見地が拓けた…気がします。

逆を言えば、ヒーロー?ヴィランなんて方には単純に私の文章を読んで頂ける機会でもありますね。

原作を読んでいただきたいのは勿論ですが、本作品が原作となり本年2月にはミュージカル化が決定しております。今回のレビューはその足掛かりにでもして頂ければ嬉しく思います。

 

『私が本誌を読めたワケ』

 

私は普段から文学に親しいわけではないですし、あまり積極的であるとも言い難いのですが、本作はみるみるうちに世界の中に入って行くことができました。気付けば60.70年代の洋楽をかけて、気分は当時の田舎のアメリカでした。

というのも、単純にカントリーといいますか、この時代のアメリカの田舎に原風景を見るんですね。大きな入道雲とけたたましい蝉の声、かんかん照りの太陽と青い空。昼下がりの牧草地帯に佇む大きな風車。少し離れて見える古めかしい木造の一軒家の納屋。少し乾いた風が吹いて、マスタングが4700ccのエンジンをドロドロと響かせる…。こんな感じが好きなんですよ。どことなく郷愁に駆られるというか。そんな「なんか心地よい世界観だな…」なんて軽い気持ちでページをめくるうちに、作者のアリソン・ベクダル氏の描く世界にグイグイと引き込まれていくのでした。

 

『アリソン・ベクダル』

 

この本は彼女と彼女の家族、特に父親との自伝という位置付けになるでしょうか。

どの家庭にもある程度ドラマはあると思いますが、私も然り、大抵の人が「俺と俺の家族の話をみたって誰が喜ぶんだ?」と我に帰ることでしょう。しかし、彼女の育った環境にはそんなことより「伝えたい想い」があったのでしょうね。私と違って文学と密接な関係にあった彼女は作中にも(伝記なので)沢山の文学作品を登場させます。その作品におけるメタファーであるとか、そもそも直接的に比喩をもちいて自らの人生を描いていますが、正直いって、ピンとこない!笑。いや、これは単純に勉強不足なんですが。

しかし、私と同じ状況になる人も少なくないはず。登場作品を今から読み漁る気は無いですから笑。ここらの心情表現はミュージカル版に期待したいですね。

 

『父と娘の物語』

 

何千回と使われたかわからないですが、この物語と核を成すのは、このサブタイトルで間違いないだろうと思います。

厳格で神経質、家具と文学。芸術に生きた父の話から物語はスタートします。

完璧な関係性ではないですが、愛の無い家族ではありません。

 

ぎこちなくて難しくて、理解できているんだかどうなのか、距離もよく掴めない。恐る恐る近づいてみては離れて。好きなんだか、嫌いなんだか。でも喋ってみたら嬉しくて。

 

 

さも、とてつもなく複雑な関係のように関係を描いていましたが、確かに特徴的な父親ではあるんですが、誰しもこういう時期はあるのでは無いでしょうか。

 

私も覚えがあります。小さい頃からゲームやイラストを描くのが大好きで、かたや父はあまりそういったことに興味がなくて、仕事に打ち込んでいて。2人でいると何を話せばいいのか困るような時期もありました。幼い頃は畏怖の対象でもありましたからね。

しかし、成長につれて父の分野にも興味がでてきたりして、教えてもらったり盛り上がったり。今は自分が昔に感じていた様な歪な距離感は無いかな、と笑。

 

主人公アリソンも成長につれて文学に目覚めて父親とその分野の話で盛り上がるシーンがあるのですが、どこか自分が重なる様で他人事な気はしませんでしたね。

 

ただ。それだけなら普通の親子劇ですよね。

私にも重なるくらいですから。

他とは決定的に違うこと。

それが発覚するのは、父親の死後でした。

アリソンの父、ブルースはトラックに飛び込み自死したのでした。

 

セクシャルマイノリティ

 

「父と娘の物語」が核を成す中のもっと奥。

そこに、この文字がありました。

結果を先に言ってしまうならば、娘アリソンはレズビアンで、父親ブルースはゲイだったのです。アリソンが自分がレズビアンだと自覚した後に父親が他界し、「実はお父さん…他の男の人と…」と母親から父親が男性と性的関係にあった事を聞かされるのです。

父親が同性愛者であったことと、早すぎる死を迎えた事がなければこの作品は生まれなかっただろうと思います。

物語の核の核を成す部分。

アリソンが自らと父親のセクシャル・マイノリティについて考える部分にあるのです。

読み終わって、この副題をつけて、今この文章を書いている時点で「いや、これの何が問題なんだ?特殊でこそあれ、普通の家族じゃあないか。」と考えたが刹那、死を選んだ父親の心境へと視点が向くのでした。

 

一般の家庭を築き、自身のセクシャルマイノリティを隠し生きてきた男の死は「幸福な死」であったのかと。アリソンは自らの環境、状態を以ってして考えるに至るのです。読者である我々も同じです。

答えはそれぞれかもしれません。

今はもう…父親であるブルースにしかわからない事です。

ただアリソンの答えは出ています。

その答えは是非、あなたの目で確かめるべきです。

 

『まとめ』

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。毛色がいつもとは違いますが如何でしたでしょうか。

 

「ファン・ホーム」のミュージカル。正直、原作を読んだ段階では全く想像がつかないのです笑。どこをどうやってミュージカルに仕上げているのか。とても気になるので是非観に行かせていただきます!

 

さて、この手の話題は非常に難しいと思っています。

私の中のセクシャル・マイノリティに対する答えは非常に簡潔ですが、それが正解ではないですからね。

最近、縁があってよく新宿の2丁目に呑みに行かせていただくのですが、そこで会う方々も色々な人がいます。ただ皆さん普通の人ですよ。なにも我々と違うことはないです。ただ性の不一致があるだけで。彼ら、彼女らが生きづらい世の中がわかりません。それだけで嫌う人もわかりません。いまは昔よりは良くなったみたいですけどね。

5.60年前から、セクシャル・マイノリティが認められていた世の中であれば、「ファン・ホーム」の内容も違ったのかな、などと思ってしまうのです。

 

ではでは、今日はこのへんで。

いつも閲覧ありがとうございます。

また次回!!おたのしみに!

 

ツイッターもやってます!

どうぞ、フォローも宜しくお願い致します。

twitterhttps://mobile.twitter.com/DORO_WILSON6

 

 

インフィニティ・ガントレット

明けましておめでとうございます!

ドロです。

 

昨年は公認ブロガーに選出して頂いたこともあり、色々な方と出会いのきっかけがありました。ツイッターを始めとして、皆さま本当にいつも有難うございます。

本年も精一杯。たとえ『槍が降っても』アメコミの記事を書かせていただきますので、何卒宜しくお願い致します。

 

さて今回ご紹介するのは

「インフィニティ・ガントレット

f:id:DORO-WILSON:20180105210810j:image

本年2018年に控えるMCUの最新作アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」の原作ともなる作品です。

 

これは予習しないわけにはいかないでしょう?

91年に出版されたミニシリーズの翻訳版なので例によって、皆様が知っている設定とは若干異なることも多いのですが…。

そういうややこしいところも噛み砕いて突き進むのが〜我がブログ!!笑

臆せずページをめくっていきましょう!!

 

遥か銀河の彼方…。

彼のタイタン人は全てを超越した宇宙神の地位を得ようとしていた。

しかし、決して絵空事ではないのだ。

その左手に輝くは、六つのインフィニティ・ジェム。それらを携えた全知全能のインフィニティ・ガントレットだ。

全宇宙の生命の危機である。

地球のヒーロー達はその野望を阻止するべく決死の闘いに身を投じることになるのだった。

 

『狂人サノスと死の女神デス』

 

今回の物語の中心となるのがこの2人。サノスとはタイタン人という種族の生き残り。基本スペックでとても強い。

 

デスはmarvel世界の死を具現化、実体化した存在。実体のない抽象的な存在というより概念と呼ぶに近い。

 

「うーん…全宇宙の生者が死者より多いわ。これは不均衡ね。そうだサノスを甦らして全宇宙の生命の半分を抹殺させましょう。恐るべきパワーも与えて。」

 

事が始まるのはこの身勝手な発想から。

デスにホの字のサノスも(どこがいいのか笑)ノリノリで実行に移し始めるのです。サノスもデスをそそのかし、力を手に入れます。

方々の持ち主からインフィニティ・ジェムを奪い、遂には六つのジェムを手中にインフィニティ・ガントレットを完成させてしまうのです。

 

『インフィニティ・ガントレットとは』

 

六つのインフィニティ・ジェム

「魂」「精神」「時間」

「現実」「宇宙」「パワー」

を揃えた全知全能のガントレット

とか言われてもピンと来ないですよね。

簡単に言うと、思った事が何でもできるグローブです。何でもです。本当にやりたい放題。

想像を遥かに超えてきます。なんの制約を受けることもなく恐るべき力を振るいます。指をパチンと鳴らせば、自分以外の物質全てを消し去ることも出来るでしょうし、それを瞬時に戻すことすら容易いでしょう。

それを狂人サノスが手に入れたのです。

デスの気を引く為に彼は指を鳴らしました。

すると全宇宙の生命の半分は文字通り消滅したのです。地球のヒーロー達ですら、なす術なく。

 

『サノスに対抗する力』

 

まず1番初めに異変に気付いたのはファンタスティック4でもお馴染みのシルバーサーファー。彼が助けを求めに向かったのはDr.ストレンジでした。彼等を筆頭にヒーロー達は集結し、サノスをこれ以上好きにはさせるまいと奮闘する事になるのです。インフィニティガントレットにおいての見どころのひとつで、かなりの数のヒーローが集まってきます。MCUでお馴染みのヒーロー達はもちろん、それ以外のヒーローも多く出演します。ウルヴァリンサイクロップスなどX-MEN(ファクター)からの出演もあり、アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」の撮影を前にディズニーの21世紀FOXの買収があれば、また違う原作寄りの展開もあったのかなと妄想が膨らみますねー。そのかわり原作では一部登場しなかったガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々が映画には出てきますからね。これも楽しみなところです!!

 

『宇宙の神々』

 

本誌ではギャラクタスを筆頭に様々なコズミックビーイング達が出演します。サノスはそれだけの脅威であるってことですね。

「アストニッシング・ソー」の記事でも書きましたが、大前提として私はコイツらが嫌いです。否、大嫌いです。もちろんデスも例に漏れず。

設定として均衡を保ったり、善悪を超越した存在のハズですが、なんか自分勝手ですし、割と均衡を崩してきやがります。エゴにも近い自我を持ってして抗うことの出来ない圧倒的な力を見せつけてきます。なんか小学生が考えた、『ぼくがつくったさいきょうのせんし』みたいなチープさを感じてしまうのです。(正直、Dr.ストレンジなんかもかなりギリギリのラインだと思ってます笑 いやアウトか。)

 

そんな奴らですら、いとも簡単に蹂躙できてしまうのが今回のインフィニティガントレットなんですよ…。コズミックビーイングですら見開き1ページでまとめて始末してみせます。(ザマァねェぜ!!)

ヒーロー達の努力。意志。結束。友情。なんてまるで意味を成しません。

 

んなもん!どうせいっちゅうんじゃ!!

 

この圧倒的な力にどう対抗するのか、ここが本誌のストーリー部分のキモだと思います。なんたって勝率は限りなくゼロ。いや、全くのゼロ。絶対に何があってもゼロなんですから。

打開策を巡らせながら、ページをめくるのがワクワクさせてくれますね。

同時に原作ではこうだけど、映画版でのアプローチは…?なんて考えると原作が活きた楽しみ方ができそうですよね!

 

『決死の大作戦』

 

アダムウォーロックをリーダーに、ついに地球のヒーロー達はサノスとの対決に赴きます。

勝ち目はゼロ。アダムのプランに僅かな望みを託し、一斉攻撃をしかけるのでした。

しかし無情にも次々と葬られていくヒーロー達。(酷い殺され方します)

生き残る者も僅かとなった時。プランの真実が明かされる。インフィニティガントレットを、サノスを制すことは果たして出来るのだろうか…。

 本当にバタバタと倒れていきます。お馴染みのヒーロー達が。アダムやシルバーサーファー、ストレンジなんかは地球のヒーローの中でも群を抜いて強いですが、それでもインフィニティガントレットの前では塵も同然。となればやることはひとつ。インフィニティガントレットを奪うのだ!結局のところバチバチのバトルをするってよりかは、策を巡らせた椅子取りゲームの様相なんです。とはいえ各ヒーローをフィーチャーしてサノスに挑ませていくシーンはかなり見応えがあります。本誌ではここに、勝てない戦だろうと果敢に挑んでいくヒーローの精神、意志などを感じることができました。しかし、この展開をスクリーンに持ってきては、退屈に感じる人も多くなってしまうと思います。それ故にどうやって落とし込んで来るのか、原作を読んで、違いを楽しめるのはこの部分が大きいだろうなと思います。

 

『まとめ』

 

いやーアベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」楽しみですね!!ついつい映画の宣伝みたいになってしまいました。本誌を読んでから映画を見れば映画はさらに面白く、そして映画を見てから本誌を読めばまた更に面白い!二度美味しいですね!実はこのコミック、コズミックビーイング大嫌い症候群の私からするとちょっとヤダなぁなんて思ってたんですよ。正直なところ。初出も古いですし、粗も目立つのかなぁなんて。でも読み始めたらそりゃもー面白くて!結構なページ数なんですが、サクサクと読めました。映画のMCU追ってる方なら、原作知識がなくても全然平気!!むしろ当時の設定と今の差が楽しいくらいですよ。きっと。あー…そうそう。ガーディアンズのネビュラ。映画版ではどうなっちゃうんでしょう。原作を読んだ後だと私はここが一番気になって、夜も眠れません。

 

ではではみなさん。今宵も閲覧ありがとうございます。

夜更かしすんなよ!おやすみなさーい!

 

P.S

ツイッターではヒーローのイラストをアップしたり、日頃の生活の愚痴などをアメコミと織り交ぜて、一級品の140字に仕上げております。

ブログは流し読みしている方でも、お手軽に一級品のツイートを体験できます。

是非フォローの上、驚愕の体験に身を投じてくださいまし。

Twitter: https://mobile.twitter.com/DORO_WILSON6

 

 

イヤー・オブ・マーベルズ

いかがお過ごしですか。ドロです!

 f:id:DORO-WILSON:20171225021922j:image

突然ですが、この時期はお歳暮でリンゴなんかがよく余っちゃいますよねー。ま、クリスマスですし?まとめてサッと消化しちゃいましょう!

 

まずは、皮を剥いて、一口大にリンゴをカットしてください。そしたら鍋に好みのウイスキー、少しの水、カットしたリンゴをドボドボッと鍋にいれて火をかけましょう。

f:id:DORO-WILSON:20171225021820j:image

ちょっと熱が通ってきたら〜砂糖適量、バター適量、ハチミツ適量、シナモン適量を鍋にぶち込みましょう!そうしたら弱火でコトコト、汁が飛ぶ直前、リンゴが透き通るまで煮込んでいきましょう。

 f:id:DORO-WILSON:20171225021838j:image

さぁ、20分近くボーっと待つのもなんですから

その時間を利用して「ホリデー×マーベル」この時期に正にうってつけな一作を読むことにしましょう!

作品名は

『イヤー・オブ・マーベルズ』

f:id:DORO-WILSON:20171225021713j:image

季節のイベントをスーパーヒーロ達と供に過ごすことができるオムニバス形式の奇跡の一冊です。

 

『特盛ヒーローズ』

 

分厚めの200ページ以上、12話の構成で読み応えは抜群!!ヒーローは話数以上に出演するのできっと貴方の好きなヒーローも出てくるはずです。もちろんいつも通りのハードボイルドでヘビーな展開の物語も収録されていますが、心温まるような優しくユニークな話も多くあります。

1話完結なので、ヒーローをしらなくても単純に物語を楽しむことができる点も優秀ですね。

アメコミビギナーが手をとるには、おあつらえむきの一冊!かなりオススメです!

 

では特に気に入ったストーリーをいくつか紹介していく事にしましょう〜。

 

『バレンタインデー×スパイダーマン

 

 バレンタインデーのデートを前に浮かれる、ピーター・パーカーことスパイダーマン。彼の悪運はバレンタインデーも例外ではなく、否応なしにヴァルチャーとの対決に挑むことになるのであった。

 

ホームカミングを見ていれば主演はわかりますね。しかし、全編コメディです。いつも通りの対決すら微笑ましく感じるほど 笑

ヴァルチャーを撃退した後、衝撃のシーンが貴方を待ち受けています!デッドプール×スパイダーマンなんて古い!!時代はヴァルチャー×スパイダーマンだ!!!なんて 笑笑

 

え?シシー・アイアンウッド?誰だいそりゃ。

 

イースター×ジーングレイ』

 

ジーン・グレイときたらX-MEN…その思考は殆ど捨て置きましょう。

 

これは、とあるマーベルの世界の一つ。うだつの上がらないデザイナージーン・グレイ(男)は今日も冴えない毎日を送っていた。と、突然静寂を破る轟音!いつも通りのスーパーヒーロとヴィランの激突だったが…自分のバイクを破壊されたジーンの堪忍袋はいよいよ限界を迎えた…。

 

他作品や映画のパロディが秀逸。絵も可愛らしく、日本人向けですね。多少の知識があればより楽しめることはもちろん、そうでなくても非常に楽しいコメディ。ほんとに読みやすいし取っつきやすいです!これは個人的にかなりオススメです。オチもGood!!

 

『感謝祭×パニッシャー

 

前2作とは打って変わって、ハードボイルドにいきましょう。

 

ひと仕事終えたパニッシャー。しかし、傷付き、意識も朦朧としながら裏路地に身を隠す。遂に迎える体力の限界。巨体をズシリと横たえるのであった。しばらくして…眼が覚めるとそこは民家。迫り来る悪党から恩人を守る為にパニッシャーは腰を上げた。感謝祭は奴らの血で赤く染まる事になる。

 

感謝祭ともう一つ。我々日本人には馴染みが無いですが、復員軍人の日(第一次世界大戦の公式な終了日かつ存命中の退役軍人を讃える日)も題材になっています。

パニッシャーを匿う民間人の母と息子は戦争で父親をなくしており、それを踏まえた上でのパニッシャーとの掛け合いが非常に良いエッセンスになっています。パニッシャーとしてはゴア表現は少なめに(しっかり皆殺しにはする)家族をサブテーマにすることでパニッシャーのオリジン、宿命を意識させるような、ハードボイルドかつ、少しセンチメンタルなストーリー展開です。

 

『クリスマス×ゴーストライダー

 

ささ、正に12月の今日。読むべき一作ですよ。

 

明日はいよいよクリスマス。弟ゲイブを学校に迎えに来たロビー(ゴーストライダー)は強大かつ邪悪な気配を察知する。聖なる夜を迎えようとする中、邪悪な存在はどんどん力を増しているようだ。

ゴーストライダーに変身し、気配の主を追うロビーが見たものは、まさかの…!!?

 

4代目ゴーストライダーのロビー・レイエスです。ゴーストライダーというと1代目ジョニーと2代目ダニーが有名ですが今回は4代目。オリジンも造形も乗り物も異なります。ダッヂのチャージャーが愛車です。個人的にはマスクも愛車もジョニーの方が好きなんですが…それはさて置き。童話的で、マーベルで絵本を作ったらこうなるだろうなっていうような作品ですね。起承転結が綺麗に纏まっていて、教訓を残すようなオチもまた童話のよう。ゴーストライダー特有の設定も上手いことクリスマスに合わせて盛り込ませており、万人に薦めることの出来るゴーストライダーです。本当に子供ができたら読んであげたいです 笑

 

さてそろそろりんごも出来上がったきた頃のはず。ウイスキーがいい塩梅です。焼いたトーストにでも乗せて、食べながら

f:id:DORO-WILSON:20171225021712j:imagef:id:DORO-WILSON:20171225021717j:image『まとめ』と残りのストーリーをご覧になってください。

 

『まとめ』

 

 何の記事だよ!?ってなりましたか?すみません 笑

たまには変化球もいいかなと思いまして。因みに実際に作りましたよ 笑笑。

はい。本当によくできた一冊でして。肩肘張らずに読めるアメコミって感じの本誌ですが、前述した通りビギナーでも楽しめると思うので、カップルやお子さんと読むのも、アメコミワールドに足を踏み入れるいい機会になると思います。個人的にはゴーストライダーが一番オススメです。

ツムツムやグリヒル先生の作風のような可愛いテイストのアメコミコンテンツも豊富になってきているので、『マーベル✖︎絵本』みたいな童話とマーベルをコラボした展開も面白そうだなと思いました。私も卒研で絵本を描いた経験があるので、ちょっと個人的にはやってみたい気持ちもありますね 笑

 

ではでは、みなさん。

今年も残りわずかとなりましたが、良いお年をお過ごしください。

是非とも来年もよろしくお願い致します。

 

Doro

 

Twitter: DORO_WILSON6