槍が降ってもアメコミが読みたい。

アメコミの感想ブログです。

マサクレ!!Discurso de dios

Hola Amigos!!!

Mi nombre es Doro !

 

Discurso de dios(神のお告げ)

なんて仰々しいタイトルではありますが、今回は前二回に引き続き、特別号というか。

 

あるキャラクターの紹介をしたいと思います。

デッドプール誌を読んでいる方はもう察しがついているかもしれませんね。

とはいえ、映画での人気が圧倒的に思えるデッドプールでは、知らない人もゴマンといるかと思うんですよね。

 

デッドプールが大好きならきっとあなたも彼が大好きになるハズ!!そう彼の名は…。

 

MASACRE!!

f:id:DORO-WILSON:20181017190307j:image

デッドプールのバッタもん??

いえいえ!デッドプールを模したツギハギの衣装。マチェーテにまとわり付く悪人の鮮血。これは彼の最大限のデッドプールへの敬意の形なのです。

 

 

『初登場』

邦訳誌だと恐らく初出は

スパイダーマン/デッドプール:ブロマンス」

 

f:id:DORO-WILSON:20181019212656j:image

このちっこいカットが最初?

 

ですかね。マークスフォーマネーのメンバーに金を握らせて自分を褒めさすことでスパイダーマンからの評価をあげようと目論んだデッドプール。ソロやらフールキラーやらが決められた台詞を喋る中で、マサクレは本心を喋ります。

 

f:id:DORO-WILSON:20181019212752j:image

デッドプールへの敬意が汲み取れるワンシーン

f:id:DORO-WILSON:20181019212755j:image

 

多分これスパイディの反応がないのはスペイン語で喋っているんだと思います。翻訳版では訳されちゃうので分かりづらいですが。(てゆーかスペイン語では分かりづらいもへったくれもないですが)

 

そして次に堂々登場を果たすのがデッドプール:ミリオネア・ウィズ・ア・マウス」 ではないでしょうか。デッドプールが率いる傭兵軍団Mercs For Money の秘密兵器?として終盤にデッドプールのピンチに颯爽と現れ、見せ場を披露していました。

f:id:DORO-WILSON:20181019140011j:image

終始スペイン語、もしくはカタコトの英語で喋る彼のインパクトたるや凄まじいものでした。ましてやあの衣装ですから、ヤベェ奴がでてきたぞと。

f:id:DORO-WILSON:20181019140019j:image

と、彼の説明など殆どなく、ミリオネアウィズアマウスは終わってしまうんですが、デッドプール:エンドオブエラーにてオリジンが語られる事となりました。

そもそもエンドオブエラーはデッドプール本人よりマークスフォーマネーの面々の話が大半を占めているんですが、その中でもマサクレは特別で、なんとオリジンに加えて単独主演のストーリーの2話仕立てという期待されぶり。

しかも全セリフがスペイン語で掲載されるという悪ノリ。(邦訳版では全部日本語です。)これにはデッドプールのメタネタのようなセンスを感じるおふざけですよね。

 

f:id:DORO-WILSON:20181019140140j:image

これが表紙。

 

『マサクレってどんなヤツ?』

 

さて。彼がどんな人物であるか、なぜマサクレになったのかをお話ししましょう。

 

元はメキシコの神父でした。恐らく愚直と言っていいほどの真面目な人間でしょう。

告別室でデッドプールとの出会いを果たし、彼の懺悔を聞くうちに何か天啓を受けたのです。

 

「この世界には善人はいない」

f:id:DORO-WILSON:20181019140846j:imageどういう訳か写真が横になる

「ならば悪人はマサクレ(虐殺)するしかない」

f:id:DORO-WILSON:20181019140854j:imageどういう訳かどうしても写真が横になる

 

デッドプールのどうでもいいような話をきいてどうしてこうなったのかは不明です 笑笑

 

というわけで(何故か)

f:id:DORO-WILSON:20181019141540j:image

こうなるんです。

 

このお手製感がなんとも堪らんのは私だけでしょうか。

基本はマチェーテとソードオフのツインバレルショットガン。なんともデスペラード感が心地よいですね。ヒーローというか、ヴィジランテでしょうか。なった宿命か、元神父とは思えぬ身のこなしで恐ろしく強い。メキシコのカルテルに単身乗り込むのですが、普通ではないです。カルテルなんて現地警察ですら、手を出しません。

f:id:DORO-WILSON:20181019213438j:image

特殊能力はデッドプールへの信心?笑

 

f:id:DORO-WILSON:20181019213824j:image

そしてアメリカへと渡る…。

と同時に今回のカルテルサクレ事件のせいで謎の組織に狙われることになります。

今後の展開も熱そうなマサクレに目が離せないです。

とはいえ2016年に展開されたストーリーが日本に来たのが2018年なのでいつになってしまうのやら。マサカー人気よ!火がつけ!!デッドプール3にマサカーをだせ!!

 

『とにかくかわいい』

 

正直なところ。大人の男性に対してかわいいなんて表現はあまり使いたくないんです。

 

でも仕方ない。なんというのか。その。

 

かわいいんですよ。マサクレは。

 

恐らくスパ/デプにおける、デッドプールの立ち振る舞いにグッとくるなら、マサクレにもハマる。。と思います。

 

エンドオブエラーでのフールキラーの回なんですが…みて下さいコレ。

f:id:DORO-WILSON:20181019215251j:image

コレはッ…!!

 

f:id:DORO-WILSON:20181019215324j:image

肩を組み…

f:id:DORO-WILSON:20181019215337j:image

ハシャギ…

f:id:DORO-WILSON:20181019215353j:image

デッドプールのポップコーンをつまむ…

f:id:DORO-WILSON:20181019215525j:image

ずっと隣…

 

この回においては、

あざとさすら感じるのです。私は。

まだ、翻訳版が出版されてないストーリーでもこのようなカットが多々あるようで、是非、見たい!!

ShoProさん!!

お願いします!!!

 

『敬意の形と共感』

 

ご覧のとおり、マサクレデッドプールへの敬意と愛に溢れてるんですね。究極のファンであり友人というか。神父の立場を捨てヴィジランテの道を選ぶのは生半可ではないでしょう。

 

これには個人的に非常に共感できたんです。

それがマサクレを好きになったポイントかなと。

 

正直なところ私はヒーローよりヴィジランテが好きなんです。自身の正義で悪を裁く。独善的と言われようが必要悪と言われようが、敵を殺してでも信念を貫く。パニッシャーやスポーン、そしてデッドプールのような存在がずっと憧れでした。

 

自由で気ままに、暴力的な正義で悪を裁くデッドプール(自身が悪の時もありますが)に惹かれたマサクレはこんな考えの読者達にもっとも重なる存在な気がするんです。

 

デッドプールになりたい。

じゃあないんですよ。

デッドプールの力になりたい。

友達になりたい。

彼らのような信念を持った存在になりたい。

 

そんなところ。

これは私のデッドプールのファン像として理想の形だったでしょうね〜。

ビビっときちゃったんです。

 

だからいま私は

サクレになりたい。

(マサクレもヴィジランテもできないですが)

そして、みんなにも魅力に溢れたマサクレというキャラクターを知ってもらいたいですね!

 

『まとめ』

        と

『来たるコミコン2018』

 

というわけでマサカー特集いかがでしたでしょうか?興味でました??

ちなみにメキシコではデッドプールのことをMasacreと呼ぶそうですよ。既にマサクレデッドプールだったんですね笑

 

ところでそう。東京コミコン2018

アメコミファンで知らないものはいない大イベントですね!楽しみです。

私、サクレになりたい。

と、言いましたが。

 

なってみることに致しました。笑

f:id:DORO-WILSON:20181019222414j:image

マスクは縫いましたよ!マサクレが如く!

f:id:DORO-WILSON:20181019222503j:image

2枚目はちょっとカッコつけて写真を加工して作ってみました。まだまだ小道具は作っていきます!

 

慣れないコスプレですが大目にみて頂けると嬉しいです。マサクレ普及のために頑張って歩きます!!笑笑

ブログを読んでくれている方で見かけた方がいたら嬉しいので是非ともお声かけください!

 

では皆様

閲覧ありがとうございました!

また次回!もしくはコミコンでお会いしましょう!!

 

ブログ更新はこちらでお知らせします!

https://mobile.twitter.com/DORO_WILSON6